姓名学の様々な流派

大正から昭和にかけては、他にも様々な流派の姓名学が誕生しています。

【哲理学派】
哲学、哲理を解いている姓名学のようです。私は詳しく存じ上げませんので、これ以上は申し上げられません。

【易学派】
「姓名学とは易学から来たもの」という理論から、九星などを加味して姓名判断を行うそうです。
新聞社から毎年配られる暦(こよみ)本の後ろに通信鑑定の申し込みについて記載がありますが、こちらの命名鑑定士に易学派の方が多かったそうなのですが、今はどうなのでしょう…

その他にも、当時は「三元式運命学」「運命術」「八拂い六拂い式」「哲命術」「姓名哲学」「姓名透視法」「五荘鑑定」「姓名推理学」「透視的姓名学」など、本当に様々な姓名学が誕生したそうです。

現代でも、「吉元式姓名判断」「五行陰陽占い」等、姓名判断の新しい解釈法が考案されており、ここからも、姓名学がまだ発展途上の学問であることがわかります。

<<最も世間に浸透した流派